MacOS「High Sierra」で日本語入力がちょっとだけお利口になりました♪

ほんの数日前にMacBook Proを購入したとまじぃです、どうも。

ところでみなさん、もう OSはHigh Sierraにアップデートしましたか?

「安定するまで様子見」とか「世間の噂を聞いてからにしよ〜」なんて感じで、まだアップデートしてない方も多いかも知れません。

で・・私の場合ですが!

「ふむ!どうせ買ったばかりでSierraに慣れてたわけじゃないし、まだ特にアプリとかも入れてないから、どうせならHigh Sierraでいいや♪」

ってな感じでいきなりHigh Sierraにアップデートしてしまいました(笑)

High Sierraとは

High Sierraってくらいでして、Sierraから格段にすごい機能追加〜みたいなのはあまりなくて、文字通り「ハイなシエラ」って感じですが

  1. 新しいファイルシステム
  2. Safariが速くなった
  3. サイト上の自動再生される音楽や映像をブロック
  4. 追跡型広告のブロック
  5. 写真編集の強化
  6. VR周りへの対応強化
  7. 日本語入力の強化

他にも細かいところで40箇所くらい強化されているようですが、目立ったところはこんな感じ。

今回はこの中の「日本語入力強化」のお話。

英日混在入力が楽になりました

今までのMacの日本語入力だと、例えば

「今回購入したMacBookの修理をsupportするApple Storeは12箇所である」

みたいな文章を入力したい場合

【カナ】今回購入した【英数】MacBook【カナ】【英数】support」以下略

という感じで頻繁に入力モードを切り替えながら(または「Contol+:」などで変換)入力しなければならず、結構面倒でした。

それが今回のHigh Sierraの日本語入力では

【カナ】こんかいこうにゅうしたまcぼおkをすっぽrt」(以下略

と入力すれば、勝手に「まcぼおk」→MacBook 「すっぽrt」→supportと変換されるので、特に英語、日本語を意識せずに、変換キーを押す事もなく入力し続けられるという画期的なアップデートと相成りました。

今までは、Macの日本語入力は使いにくいので、買ったらすぐにGoogle日本語入力を導入してましたが、今回のHigh Sierraの日本語入力は結構使えるので、この記事も実はHigh Sierraの日本語入力で書いています。

f:id:tomag:20171003073746p:plain

問題点

基本的にメジャーなワードや単語は自動で英字に変換してくれますが、ある程度の長さの文章を超えてしまうと挙動が怪しくなったり、微妙な癖があって「この単語の後にこの英字を打っちゃうとなぜか変換されない」とか。

後は スペルを正確に覚えていない(さっぽrtが変換されない・・・って SAPPORTじゃねぇしw みたいな)と変換できません(当たり前

まとめ

まぁなんだかんだで、Google日本語入力に慣れちゃってるんで、今のところはそっちを使ったほうが明らかに効率が良いのですが、今回のアップデートで

絶対使いたくないだったのが使ってもいいかな?くらいにはなった気がしないでもありません。

この癖になれる事ができれば、もしかしたら常用するかも
(結構慣れにくい癖だけどw)