MacBook系(Sierra以降)でWindows用キーボードやマウス(Logicool)を使う設定

はい!という事で!

以前にMacBook Pro 2015でのクラムシェルモードでの運用方法の記事は書いたのですが。 

www.toma-g.net

あれから一年ほど経過いたしまして、MacBook Proも2017に代替わりし、キーボードもRealForceに。
そして、マウスもロジクールのM705(通称マラソンマウス)に変わったので、色々と設定関係も変遷いたしましたので、備忘録をかねてまとめておきます。

当方の環境は以下の通り

  • 本体:MacBook Pro 2017 Touch Barなし
  • キーボード:RealForce 91UBK-S
  • マウス:Logicool M705
  • ディスプレイ:三菱 RDT233WLM

他の「Windows用キーボード」での設定でも使えると思いますので、他のキーボードを使っている方にも参考になれば幸いです。

接続方法

2015モデルの場合は、本体に必要なコネクタが一通り揃っているので、適当な穴に適当なケーブルを差して適当に繋げば普通に使えるのですが、2016モデル以降はUSB type-Cしかありませんので、色々繋ごうとした場合、Type-C対応のハブが必要になります。

我が家で使っているのは下記のタイプ。

  • USB×3
  • HDMI
  • 充電用Type-C
  • SDカード

などを1つのUSB Type-Cでまかなえるので、コネクタの少ないTouch Barなしモデルの拡張性がアップする頼もしいアイテムです。

我が家の接続はこんな感じ。

f:id:tomag:20171010204635p:plain

キーボードの設定

RealForce自体はガチガチのWindows用キーボードなので、Macとはキー配置がかなり違っています。

今回はMacしか使わないという前提で、RealForceMacに合わせていく方向」での設定となります。

Windowsもよく使うので、「Win寄りの設定」で使いたい様な場合はMikinoteさんの設定が役に立つと思いますのでご参照ください。

www.mikinote.com

以前はキーボードのマッピングと言えばKarabinerでしたが、Mac OS Sierra以降使えなくなってしまった様なので、Sierra以降用に開発された Karabiner-Elementsを使用してカスタマイズしていきます。

ダウンロードはこちら↓

https://github.com/tekezo/pqrs.org/tree/master/webroot/osx/karabiner/files Karabiner - Software for OS X

インストール方法に関しては普通のアプリと同じなので、わからない方は各自ググってください(丸投げw)

キーボードのマッピングに関しては、RealForceの刻印はガン無視してMacに合わせていきます。

Macのキーボードがこんな感じなので。
f:id:tomag:20171010210526p:plain

RealForceでも同じ様な配置で行ける様に設定していきます。
ちなみにスペース右のキーは「かな」に設定します。 f:id:tomag:20171010211008j:plain

Karabiner-Elementsをインストールすると、先代のKarabinerとは違い、単純に「変換元のキー」と「変換後のキー」を並べていくだけのシンプルなUIになっています。
小難しい事は考えずに、下図の通りに設定すれば、先ほどの画像通りの設定になりますので、丸コピしてください。
f:id:tomag:20171010211842p:plain

Targetデバイスの部分をRealForceにせずにAll Deviceのままで設定してしまうと、MacBook本体のキーボードにまで影響が及んでしまい、操作がグチャグチャになってしまいますので、この部分は必ず該当デバイスに切り替えてください。

ちなみに、ここがAll Deviceのままだと、マウスの設定もおかしくなるのでマジ注意です。

マウスの設定

M705の設定ですが、基本的にはLogicool製の製品であれば行けるはずです。

対応ドライバは下記から入手可能。
Macでアクセスすれば、Mac用のドライバが表示されると思いますので「Logicoolコントロール センターをダウンロードしてインストールしてください。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/downloads

とりあえずは下記の様な設定にしていきます。

  • 右・左・中ボタン:デフォ
  • 戻る進むボタン:デフォ
  • ホイールチルト:デスクトップ切り替え

マウスだと3本指スワイプが使えないので、それをホイールのチルト(横向きに押す)に割り当てる設定です。

前項でも触れましたが、Karebinarの設定がAll Deviceになっていると、マウスの「戻る・進む」や「ホイールチルト」が正常に動きませんのでご注意ください。

という事で設定値は以下の通り。

f:id:tomag:20171010213250p:plain

デスクトップ切り替えのキーボードショートカットが「Control+矢印」なので、それを「キーストローク」で割り当ててあげるだけですね。

今回は「隠れ親指ボタン」にはMission Contorolを割り当てていますが、Windows時代には「タブを閉じる」のショートカットキーである「Ctrl+W」を割り当てていたこともありますし、お好きなショートカットを割り当ててもらえれば良いと思います。

まとめ

という感じで、Windows用キーボードとマウスをMacで使う設定メモでした。

とりあえず無事に動いてはいるのですが、いまいち接続がスマートではないので

将来的にはこれを買って、キーボードやマウス、電源などはディスプレイに常設しておいて、使いたい時にはType-C一本繋ぐだけ〜♪っていうのを狙っております。

まぁ・・・お金たまったらね(笑)